名古屋市 天白区 矯正歯科 てらお矯正歯科 本文へジャンプ
治療の流れ

矯正治療の流れを説明します。


1.矯正相談  所要時間:約1時間 

 一番初めの初診相談です。
  最初にデジタルカメラで、患者さんのお顔の写真とお口の中の写真を撮影。
  これを元に、現在の状態について、専門医の立場から説明。
  その他、矯正治療の大まかな治療の流れと矯正費用についても、説明

  もちろん、疑問に思っていること、気になること、何でもお聞きください。


2.精密検査  所要時間:約1時間半 

不正咬合の状態が、どのようになっているか詳しく調べます。
 1) お顔の写真
 2) お口の中の写真
 3) お口の型とり(歯列の印象採得)
 4) かみ合わせのチェック
 5) 頭のレントゲン写真(頭部X線規格写真 セファログラム)
 6) フェイスボートランスファー
 7) 必要に応じて、顎の動きの検査(顎機能検査)を行う。


3.診断(精密検査の結果・治療方針の説明)  

精密検査の結果をご説明いたします。
  精密検査の結果をもとに、治療方針、方法を決定。
  使用する矯正装置、抜歯の有無、治療時期、期間等を説明。
  治療計画を基に、矯正基本料金を決定。


4.治療  所要時間:約30分~2時間  

 
【小学生の場合】

「第一期治療」※ として、お口の中に永久歯がはえてくる環境を整えます。

 ・永久歯のはえてくるスペースがない場合は、あごや歯列の拡大を行う。
 ・前歯がガタガタの場合や大きくすき間のある場合、一度、前歯をそろえる。
 ・あごの発育が過剰となる場合、その成長を抑制する。
 ・あごの発育が悪い場合、その成長発育を助ける。
 ・通院間隔は、1~3ヶ月に1回(装置の調節)。


 【中学生以上の場合】

小学生から 「第一期治療」※ を行っている患者さんの場合、永久歯がそろう
中学生以降で 「第二期治療」※ として、矯正装置(マルチブラケット)を使って、
全体的に永久歯の歯並びと噛み合わせの調節を行います。
 

中学生以上ではじめて矯正を開始する患者さんは、はじめから矯正装置(マルチ
ブラケット)を使って本格的な矯正治療を行います。
・・・大人の矯正治療

 ・通院間隔は、1ヶ月に1回(装置の調節)
 ・治療期間は、おおよそ1~3年。(症例により異なる)


5.保定  所要時間:約30分  

矯正装置(マルチブラケット)を外した後、保定装置(リテーナー)を使って歯並びを
安定させます。

  矯正治療により動かした歯列は、治療後、まったく変化しないわけではない。
  特に矯正装置(マルチブラケット)を外した直後の歯は、矯正前の位置に戻ろ
  うとしやすいので、治療後は、動かした歯が勝手に動いていかないように、
  保定装置(リテーナー)の使用が必ず必要。
  保定装置(リテーナー)は痛みはなく、取り外し可能。
  保定装置(リテーナー)を使用しながら、歯とかみ合わせが安定してくる期間、
  定期観察を行う。
 ・通院間隔は、3ヶ月~半年に1回(保定装置の調節)。
 ・歯のクリーニングも行う。
 ・期間は最低1年以上は必要。(2~3年は保定装置を使用するのが望ましい)


6.終了

毎日のお手入れで、長く美しく健康な歯並びを維持させましょう。




第一期治療と第二期治療 ※
 
 
子供の矯正は、治療期間が「第一期」と「第二期」に分かれます。


 
第一期治療・・・

  永久歯(大人の歯)が生えそろうまでに行う治療。
  あごを広げたり、舌のくせを治す装置などを使います。
  おおよそ小学生の間の治療です。
 * 症例によっては、ここまでで、将来終了(第二期治療が不要)
   になることもあります。

 
第二期治療・・・

  永久歯が生え、大人の歯並びが完成してから行う仕上げの治療。

  すべての歯に矯正装置(マルチブラケット)をつけて本格的治療を
  行います。
  おおよそ中学生以降の治療です。


精密検査・診断とは?
精密検査は、治療方針を決めるために、大変重要な検査です。

具体的には、細かい問診、身長測定も含め、お顔やお口の中の様々な角度からの写真撮影、お口の中の印象(歯型)の採取、頭部や顔の形を計測・分析するための各種レントゲン撮影など、細部にわたりミリ単位でチェック、測定をしていきます・・・当院では、約一時間30分ほどお時間をいただいています。

これら資料を手作業やパソコンで詳しく分析し、治療方針を決定。
診断のお時間に、治療計画、諸費用などについて、細かくご説明いたします。
精密検査で採取した資料の一部。(これら精密検査から始まり、治療終了まで、治療経過を含めた膨大な量の資料ファイルが、患者さん一人ひとりに作成されます。)

幼児期観察より、第一期治療への流れ 例
子供さんでは、乳幼児から観察、少しずつケアしていくことによって、成長を利用し、結果的に正しい位置に永久歯を生えさせていくことが可能です。
また、将来、本格的矯正治療が必要な場合(第二期治療)においても、準備段階があることによって、比較的簡単な形で対応することもできます。

通院は、観察は半年くらい。装置が入ると2~3ヶ月に1回くらいです。

M君、 4才7ヶ月。

現代の多くの子供の特徴ですが、幼少期より、かなりあごが小さいです。うつぶせ寝の影響か?顔の幅が狭いです。

乳歯を虫歯にして、永久歯の生える順番が変わらないように、歯のケアに対して注意しました。。

今後、要観察です。

5歳1ヶ月。


同じく5歳11ヶ月。

子供の歯が隙間なくぎっしり生えている状態。

一見、きれいに生えそろっているように見えますが、実は、この隙間がない状態が、後々の大きな問題になります。
大人の歯(永久歯)の方が、子供の歯(乳歯)より大きいため、入る余地がありません。

あごの発達を見ながら、半年に1回観察します。


6才4ヶ月。

下の前歯が、永久歯に変わりました。左下の乳前歯がすこし早く抜けたため、永久歯の前歯2本が、左にずれています。


虫歯がないため、正常な抜け変わりです。

6才4ヶ月。

舌小帯(べろの裏側の帯)が短いため、舌がうまく動きません。このため舌小帯を、歯科口腔外科で切ってもらいました。(簡単な処置です。)

舌小帯を切った後は、その部分を延ばすため、舌を動かす訓練をしました。

* 上あごの発育は、舌がしたから支えることにより決まります。舌の動きが悪いと、あごの発達を妨げてしまいます。

6才5ヶ月。

6才5ヶ月。

以前より鼻の奥のアデノイドの肥大が指摘されていましたが、アデノイド様顔貌*の傾向が強く出てきたため、一月後、口腔外科にて切開手術を行いました。

* アデノイドは鼻の奥が肥大することによって、正常な鼻呼吸ができず、口呼吸になることによって、あごが発達せず、あごが引っ込んだ特徴的な顔になってしまいます。


6才5ヶ月。

6才5ヶ月。

生えてきた前歯の場所を安定させるために、夜、寝る間マウスピースをはめて寝るように指導しました。

6y8m


6才11ヶ月


6才11ヶ月。

上の大人の前歯が抜けたところです。

7才4ヶ月。

上の永久歯の前歯が生えてきました。

びっくりするほど、大きいのが生えてきましたね!

7才6ヶ月。

第一期治療開始します。

上顎の後ろに装置をセットすることによって、上あごを広げて前歯が生えるの隙間をつくります。

7才11ヶ月。

広げ始めて約4ヶ月。

上あごがだいぶ広くなってきて、上の前歯2本が並んできました。

8才9ヶ月。

第一期治療を開始してから、1年2ヶ月で、上の2番目の前歯が、生えてきました。

でも、まだ犬歯の生えてくる隙間が十分ではありません。

時間をかけて、ゆっくり広げていきます。(3ヶ月に1回くらいの観察です。)

9才4ヶ月。

今度は、下あごの裏側に装置を入れて、下あごをを広げます。

まだ前歯の隙間が足りず、がたがたしているので、上あごの装置を調節しながら、上あごも広げていきます。

9才10ヶ月。

下あごもだいぶ広くなってきました。

10才1ヶ月。


10才9ヶ月。



11才1ヶ月。


12才9ヶ月。

第一期治療終了。


TOP



てらお矯正歯科 052-803-4877
フッターイメージ