名古屋市 天白区 矯正歯科 てらお矯正歯科 本文へジャンプ
歯科矯正とは?

悪い歯並び(不正咬合)をほっておくと

          ・・・問題がいっぱい!!


                                        

口元のコンプレックスから、

笑顔に自信が持てないくなる

しっかりかみしめることができないから、

集中力、忍耐力もなくなりがち(運動能力も低下)

うまくしゃべれなくて、

発音が悪くなる。

歯がでこぼこで、歯の磨き残しができやすいので、

虫歯や歯周病になりやすい。

良くかめないから、

消化が悪くなり、肥満、胃腸障害になりやすい。


歯がかみ合ってないことから、

あごの関節が痛くなりやすい。(顎関節症)

かみ合わせが悪いと無理にかもうとして、あごや肩の筋肉に負担がかかるので、

肩こり、頭痛が起こりやすい。

だから

心も体も健康であるために歯科矯正があるのです。



歯並びがよくなると、
                                          
素敵な笑顔で好感度アップ、

人前で自信を持って自分をアピールできる、

集中力が増し、スポーツや勉強などの能力が向上する、

発音がよくなって、きれいな言葉をしゃべれる、

虫歯や歯周病も予防できる、

良くかめるようになって、おいしくご飯が味わえる、

外国でも認められて、立派な国際人になれる


などいいことがいっぱいです。



我々矯正専門医は、

精密な検査をもとに、

綿密な治療計画を立て、

見た目の美しさを完成させながら、

上下の歯の正しいかみ合わせを作っていく・・・という

細部にわたっての治療を行っています。


美容・審美歯科 と 矯正歯科
歯の形や色を変えて整える 美容・審美歯科
自分の歯を生かして動かし、位置を整える
 矯正歯科
最近雑誌やテレビでよく耳にする美容・審美歯科矯正歯科の違いはなんでしょう?

審美歯科というのは、歯を削ってセラミック系のかぶせものをし、短期間で見た目をきれいにするというもの。

速く簡単に、口元を見栄えよくできるということはありますが、長い年月がたつとやり直しが必要になったり、歯ぐきの変色が起こったりなどのデメリットもあります。

一方
矯正歯科は、矯正装置をつけて健康な歯をうごかし、ある程度年月をかけて正しいかみ合わせ・歯並びへと導いていくもの。

装置をつけるのは大変だったり、時間がかかるということはありますが、自分の健康な歯を極力生かし、あごや歯ぐきなどの口元のバランスを整えていくという特徴があります。


審美歯科の目標は、あくまでも「見た目の美しさ」で、かみ合わせなどの機能はあまり問わない場合があるのに対し、矯正治療の目標は、「見た目の美しさ」と「正しいかみ合わせがもたらす健康」といえるでしょう。

あなたはどちらを選びますか?                     

矯正治療で、歯が動くしくみ
歯は矯正歯科治療で一ヶ月に約1ミリぐらい動く!

歯はどうして動くのでしょうか?

それは、歯の根っこを取り囲んでいる「歯根膜(しこんまく)」というクッションのような組織があります。
移動させたい方向に歯に力をかけることによって、これから動く方の歯を支えている骨が溶けて吸収され、歯が動きます。
動いた後のもと歯があった場所には新しく骨ができます。

ワイヤーなどで力を加えることで、歯はゆっくりゆっくり骨の中を動いていくのです。

大人になると、あごの大きさや骨組みは変えることはできません。

しかし、このように歯が動く仕組みがあるから、骨や歯ぐきの状態が正常でありさえすれば、年齢に関係なく矯正治療が可能なのです。


子供の頃から行う矯正治療
子供の頃は、まだ完全に体が出来上がっていないため、「成長発育」を利用することができる。歯とあごを正しい方向にみちびき、成長する過程で、歯とあごを自然で理想的な形に調整しながら矯正治療を行うことができます。
「大人たちから、大切な子供たちへ、一生を通じて、多くのプレゼントを与えれることができる」

子供の患者さんに対しては、我々は、いつもそんな思いで、治療に当たっています


スポーツを極めようと思うと、歯並びの矯正が必要って、聞いたことがありますか?

これは一流のスポーツ選手の間ではよく聞く話。

しっかり噛みしめれるようになることによって、より爆発的なパワーを持つためです。

でも、スポーツだけではなくて、ちゃんと歯がかみ合うことで、脳が刺激され、知能の発育につながるわけだし、いろいろな面で健康的な体を作るためにも、正しいかみ合わせを作るのはとても大切なことなのです。


また、海外では、子供のために矯正をするのが当たり前ということはご存じですか?

親たちは、子供たちに「どれだけ多くのものが与えられるか」がわかっているからです。

アメリカでは、20歳過ぎても歯並びが悪いと「育ちの悪い人」なんて言うイメージでみられることもあると言います。

日本人にとってはショックなことですね



しっかり奥歯で噛むことによって、

   勉強に対する集中力、
   スポーツなどに対する瞬発力やパワー、
   正しい姿勢や歯・胃腸などに対する健康、
   自分への自信と笑顔、


など、得るものはいっぱいです。


子供たちの未来へ、投資してあげませんか?


大人から始める矯正治療
「成長発育」が終わっているので、今あるあごの形や大きさをベースにして、治療をする(場合によっては、抜歯など)。ただ、本人の意思により、どうしても治したいという目的意識が強いので、結果的にスムーズな治療が行われやすい。
歯並びやかみ合わせが悪くても、それが原因で死ぬことはないけど・・・。

   歯がしっかり噛み合っているから、一生健康に生きていける。
   美しい口元があるから、自信を持っていろいろなことに挑戦しながら楽しく人生を歩んでいける。


健康で美しい歯並びを手に入れることは人生の質を高める上で大切なことです

やっぱり「かけがえのない健康」や「自信が持てる笑顔」を持つって、素晴らしい!



これからの自分のために・・・思い立ったときに、スタートです!


矯正装置について
矯正治療では、様々な装置を使って歯やあごを動かしていきます。
ここではそんな装置を一部紹介します。
 歯列拡大式装置

主に、第一期治療などで使用します。(永久歯の生えるスペースが足りない場合、あごを広げることで永久歯が生えやすいようにします。)

いろいろな種類があるので、それぞれの状態によって選択します。
 マルチブラケット装置

いわゆる一般的な矯正治療の装置です。
最近のブラケットは、かなり進化して、金属の他に、透明素材(セラミックやプラスチックなど)を使ったり、またワイヤーも細く目だ立ちにくいものなど、チラッと見ただけでは、ほとんどわからないような状態も可能になりました。
ただ、矯正治療が一般的に珍しくなくなってきた今、反対に色とりどりのカラーのゴムなんかを使って「ファッション的に楽しんじゃおう」なんて方もいらっしゃいますので、こればっかりは見せるのもよし、見せないのもよし・・・です。
 保定装置

歯を動かす治療が終わった後、きれいな歯列を安定させるために使う装置です。(取り外し可
マルチブラケットをはずした後は、まだまだ歯が動きやすいので、油断せずにきちんと装置を使い、歯並びを安定させましょう。

いろいろな種類があるので、それぞれの状態によって選択します。
(マルチブラケット同様、見た目のより進化したものもございますので、ご相談ください。)

TOP



てらお矯正歯科 052-803-4877
フッターイメージ