名古屋市 天白区 矯正歯科 てらお矯正歯科 本文へジャンプ
歯並びチェック

あなたはどこが気になる?チェックしてみよう
              
・・・一つでも当てはまったら、原因は歯並びかも?

上下の歯の中心がずれている。
八重歯(やえば)がある。
奥歯でかんだとき、上下の前歯がかみ合っていない。
歯をかみ合わせたとき、上の前歯が深くかぶさって、下の下の前歯が見えない。
歯並びがでこぼこ。
下の歯が上の歯より、前に出ていて、逆にかみ合っている。
はえてこない歯がある。
笑ったとき、歯ぐきが見えすぎる。
いつも口がぽわっと開いている。
発音しにくい音がある。
食べ物が良くかめない。
下くちびるや下あごが前に出ている。
顔が左右どちらかに曲がっている。
横むきの顔をみたとき、口元が前に突き出ている。
くちびるを閉じたとき、あごのところに梅干しのようなシワができる。
歯並びや口元の形に自信がない。



不正咬合(良くない歯並び)の代表例


反対咬合(反対咬合)・・・あご全体の成長に影響するので早期治療がおすすめ
「受け口」。下の前歯や下あごが前に出ている状態。上の歯のかぶさりがないので、下の歯の先端から根本まですべて見えてしまう。


上顎前突(じょうがくぜんとつ)・・・日本人に多い
「出っ歯」。上の前歯や上あごが前に出たり、下あごが交代している状態。あごの骨に原因がある場合と、歯だけが前に出ている場合がある。

叢生(そうせい)・・・あごの小さい現代人に多い
「乱ぐい歯」「八重歯」。歯がでこぼこに生えたり、歯のはえかたが不揃いな状態。

正中離開(せいちゅうりかい)、空隙歯列(くうげきしれつ)
「すきっ歯」。歯と歯の間が開いている状態。歯そのものの大きさが小さかったり、歯に対して、あごが大きいことなどが原因。埋没歯・先天性欠如など歯の本数が足りなくて起こる場合も。

開咬(かいこう)・・・アレルギーなど耳鼻科の疾患を持っていて、口呼吸の人に多い
歯の上下がかみ合わず、無意識に口が開いてしまう状態。口の中が乾きやすく、虫歯や歯周病、顎関節症などになりやすい。


過蓋咬合(かがいこうごう)
上の歯が下の歯に必要以上にかぶさっている状態。ときには下の前歯が上の前歯に隠れて見えないこともある。


交叉咬合(こうさこうごう)・・・あご全体の成長に影響するので早期治療がおすすめ
かみ合わせが左右にずれている状態。上下の歯の真ん中がずれている場合が多い。(あごや顔がまがっていることも。)
かみ合わせに問題のあるほとんどの人が、いくつかの症状を持っていることが多い。
見た目にも・機能的にも問題になる。


歯並びが悪くなる原因は?

食 事
柔らかいものばかり食べていると、あごが大きく育たない。その結果、小さいあごに歯がきちんとはいりきらなくて、でこぼこしやすくなる。

遺 伝
親の歯並びが、子供に受け継がれやすい。たとえば、親が受け口や出っ歯だったり、生まれつきの歯の数が、多い少ないも遺伝することがある。

口呼吸や悪い癖
口で呼吸をしていると、いつも口を開けているので、くちびるの歯を押さえる力が弱くなったり、舌のが変わって、筋肉のバランスが崩れ、歯が出たりして・・・。また、くちびるをかんだり、ほおづえをつくことが、下あごをゆがめることにも・・・。

乳歯の虫歯
子供の歯に虫歯ができて、そのままにしておいたり、抜ける順番がくるってしまうと、大人の歯が斜めにはえたり、すれてはえてきたり・・・。

これらをそのままにしておくと?

TOP



てらお矯正歯科 052-803-4877

フッターイメージ